環境と健康に関する分析のことなら株式会社クレハ分析センター

業務内容

  • 放射性核種分析
  • 環境試料中の濃度・線量調査
  • 作業環境中の放射能評価
環境分析

東日本大震災に続く福島第一原子力発電所の事故により、放射性物質による土壌などの汚染が生じ、様々な場面で放射能測定の必要性が増しております。

(株)クレハ分析センターでは、現地における空間線量の測定や、ゲルマニウム半導体検出器による精密な測定に迅速に対応します。

ゲルマニウム半導体検出器を用いた核種放射性物質分析

土壌、肥料、化学品原料、農作物、海産物、飲料水等

ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法

測定項目
放射性セシウム(Cs-134,Cs-137)等
その他核種についてはご相談ください
単位
Bq/kg , Bg/ℓ , Bg/m3
定量下限値
固体試料 10Bg/kg 程度
液体試料 1Bg/ℓ 程度
(さらに低い値をご希望の場合はご相談ください)
試料必要量
農作物、海産物、食品 1kg
飲料水、牛乳、その他水試料 2ℓ
土壌、肥料等 1kg
化学品原料等
お問合せください
  • ゲルマニウム半導体検出器(食品放射能測定装置)
    セイコーEG&G製とアドフューテック製

当社の高い技術力により迅速、正確な分析結果を提供します。

測定項目
放射性セシウム(Cs-134,Cs-137)等
その他核種についてはご相談ください
対象媒体
排ガス、粉じん、もえがら、ばいじん、排水汚泥、溶融汚泥、飛灰、待機、工業薬品、食品等

Na-Iシンチレーションカウンターを用いた空間線量の測定

  • ゲルマニウム半導体検出器による
    γ線スペクトル(例)

お気軽にお問い合わせ下さい

ページの先頭へ