環境と健康に関する分析のことなら株式会社クレハ分析センター

業務内容

  • 環境中の農薬分析
  • 各種試料中の農薬分析
  • POPs農薬分析
環境分析

作物残留農薬分析

食品衛生法では、食品中に残留する農薬の基準値(残留農薬基準値)が定められています。特に、平成18年5月29日よりいわゆるポジティブリスト制度の導入により全ての農薬と作物の組み合わせに残留農薬基準値が定められました。弊社では、最新の機器による豊富な実績のもとに多くの食品(生鮮野菜、穀類、果実、加工食品)を対象として残留農薬分析を受託しております。

作物残留農薬分析

このたびの食品衛生法改正により、従来の公定法は通知試験法(個別試験法、一斉試験法)及び告示試験法(不検出農薬)に大別されることになりました。弊社では、個別試験法による作物残留農薬分析に付きまして受託しております。個別試験法での作物残留農薬分析につきましては、農薬の成分、分析期間、分析価格など、ご依頼の内容に応じて個々にご相談させて頂きます。

<ドリン系農薬分析>

土壌に残留するアルドリン、エンドリン、ディルドリンなどのドリン系農薬分析や、ドリン系農薬を吸収しやすいキュウリなど作物の残留農薬分析を告示試験法に基づいて、これら3種類の農薬を同時に分析致します。

  • GC/MS/MS

POPs農薬の分析

POPs農薬の調査から、適正処理までの一貫した測定分析を行います。2001年5月スウェーデンのストックホルムで、残留性有機汚染化合物(POPs:Persistent Organic Pollutants)の製造使用の廃絶、排出の削減等を目的とした条約が採択され、2004年5月に発効しました。

この残留性の高い有機汚染化合物(POPs)である12物質(DDT、BHC、PCB、ダイオキシン類、アルドリン、エンドリン、クロルデン、ディルドリン、トキサフェン、ヘプタクロル、ヘキサクロルベンゼン、マイレックス)の中で、下記の7物質がPOPs農薬として指定され、国内で過去に埋設された農薬の適正な処理が求められております。当社は、これらPOPs農薬の調査分析の受託をしております。また、POPs農薬燃焼時の排ガス分析に関する多数の実績があり、調査から適正処理までの一貫した測定分析を特色としております。

POPs農薬

DDT(o, p’-DDE、p, p’-DDE、o, p’-DDD、p, p’-DDD、o, p’-DDT、p, p’-DDT)BHC(α-BHC、β-BHC、γ-BHC、δ-BHC)アルドリン、エンドリン、クロルデン、ディルドリン、ヘプタクロル

POPs農薬の分析方法

試料 試料採取法 分析方法 定量下限値
排ガス JIS K 0301に準拠 洗込み液を「農薬等の環境残留実態調査分析法」に準拠して分析 0.01μg/m3N
土壌、燃え殻 「農薬等の環境残留実態調査分析法」に準拠 0.5μg/kg
水質 「農薬等の環境残留実態調査分析法」に準拠 0.005μg/ℓ

POPs農薬の分析実績例

  • 燃焼時の排ガス中POPs農薬分析
  • 土壌中における残留POPs農薬分析、及び作物残留POPs農薬分析
  • 埋設POPs農薬分析
  • 排水、河川水のPOPs農薬分析

環境中の農薬分析

環境試料中の農薬分析でも豊富な実績を積んでおります。下記以外の試料についてもお気軽にご相談下さい。

  • ゴルフ場排水の農薬分析
  • 一般河川水の農薬分析
  • サッカー場の農薬分析
  • 気中の農薬濃度測定
  • ゴルフ場(イメージ)

お気軽にお問い合わせ下さい

ページの先頭へ